otona日記

otonaディレクターが送る3日坊主日記です。ブランドを運営して感じること。主婦として生きる日常のこと。

『ソウル・ファッション・ウィーク』

いつもご覧頂きまして誠にありがとうございます。


季節の変わり目、風邪などひかれていないでしょうか?

私の周りにも風邪に限らず、体調不良の人もチラホラ見えて

気を付けないといけない季節だなと気を引き締めている今日この頃。

皆さんも健康には留意なさってください。


本日のメルマガでは、私と福原の買い付けでのオフショットと言いますか

偶然、本当に偶然出会ったイベントのご紹介をさせて頂きたいと思います。

ほぼ毎月、韓国での買い付けを行っているのですが、

10月に行った韓国で前から見てみたかった

『ソウル・ファッション・ウィーク』

遭遇してしまったんです!


東大門デザインプラザ、ご存じの皆さんも多いと思いますが、こちらの建物の

中で、2017年10月16日(月) ~ 2017年10月21日(土)

ソウル・ファッション・ウィークのファッションショーが開催されます。

ソウル市が主催するグローバルファッションビジネスイベント。

外国人や芸能人もゲストで出席される有名なファッションショーです。

その関係だと思いますが、周辺には男女問わず、子供達まで個性的でお洒落な

姿で歩き回っているんです。








皆さん恥ずかしがらず、写真を撮って、撮ってという感じだったのです。

最初私も何が何だかわからなかったのですが、

回りの人の雰囲気に推されて、気が付けば私も写真を撮っていました。

カメラを向けると笑顔でこちらを向いてくださって、言葉は交わさずとも

なんかグローバルな雰囲気で、友達のような気持ちになってしまいました。

少しだけですが、ご覧ください。














昼間から、夜にかけて音楽が爆音で流れ、本当に街全体が一つになっているようで

コンサート会場に身を置いているように興奮を覚えたひとときでした。

来年もぜひ、この時期に行ってみたいと思いました。



続いて全然違うお話なのですが、同じく韓国で見つけた可愛い飲み物の話にお付き合い

頂ければと思います。

前から気になっていたのですが、『チュッパチャプスのジュース』『ムーミン牛乳』

二つともコンビニでゲットしました。





まず、チュッパチャプスのジュースですが、甘いと予想はしていましたが

私が飲んだのはイチゴでしたが、炭酸が効いていて思ったよりは甘くなかったのですが

少しとろみがあり、苦みもあったように感じました。





続いてムーミン牛乳、実はこちらは試飲はしていません。





いい年をして恥ずかしいですが、中身よりキャップの中身が気になり買ってしまいました。

実はムーミンのキャラクターが付いています。





全部で12種類、めちゃくちゃ可愛いくないですか!





中身はチョコレート、バナナ、桜、3種類の味の牛乳でした。

韓国に住んでいると全種類集めるのですが、キャップの中身を確認したのち、

すべて、現地の協力会社の子供さんにあげてしまいました。

日本では販売されていない可愛い物がたくさんあります。

また機会があれば、皆さんにご紹介させて頂きたいと思います。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。



otonaディレクター 大西

サプライズハロウィン

昨日は、ハッピーハロウィンいかがお過ごしでしたか?


私ことfukuharaは、20日前ぐらいから前から家のインテリアをデェコレーションして

気分を高めておりました。

そして、待ちに待ったハロウィン・・・・。


でも、忙しさにかまけて高校生の2人の子供?!にお菓子を用意することなく

晩御飯支度、


でも、受験生の娘に何か慌ててサプライズをしたくなり、

食いしん坊の娘には、やはりお菓子が一番!!

食後に慌てて買い物へ、色々買い込みケーキやシュークリーム、グミetc

『 Trick or treat 』

サプライズプレゼント(笑)

子供の満面の笑顔を見て、幾つになっても行事ごとをしっかり楽しまないといけないですね。




ちなみに、会社では大規模なサプライズ!

な、な、なんと。

突然、OTONA事務所が真っ暗闇にその奥から何かがうごめいている・・・

そして、大音響(爆)

ゾンビたちが突然現れて「パーフェクトヒューマン」の音楽に合わせて

華麗にダンスと歌が







本当に面白い会社でゆかいな仲間の集団です。

OTONA突撃取材を受けました!!

いつもご覧いただきありがとうございます。



10月OTONA地方は、長雨に超大型台風の接近にみまわれましたが、

今週に入りようやく晴れ間が見えてほっとした気分になっております。

季節的に過ごしやすいのでどこかオシャレをして散策したいなと思っております。



先日、OTONAのスタジオで撮影していると

突然、撮影クルーの方々が目の前に現れて、

突撃取材を受けました!!


その番組とは、

『 いまからどこいこ!! 』

東播磨をぶらり散策、商店街・イベント会場・地域サークル

活動などにお邪魔し、地元の方々と心温まるふれあい体験をする

BAN-BANテレビの番組


視聴者からの投稿によりOTONAの事務所が

「新しく出来たOTONAと書いたスタジオの様な不思議空間。いったい何のお仕事で、何をしているのか?」

と言う質問を受け、依頼があり突然の訪問。










この番組を毎週見ている大西は、お馴染みのリポーターさんを前に

はしゃいでおりました。

OTONAの撮影を中断して、コンセプトやどんなファッションを扱っているのか

説明しているうちに、リポーターさんをOTONAの服で変身させることに...(笑)













そのままOTONAファッションに身を包まれながら、

視聴者が知りたがっている疑問やインターネットに商品ページが上がるまでの流れを

スタッフに尋ねられていました。












初めて見る撮影隊に圧倒されながらもスタッフ一同楽しませて頂きました。


変身したリポーターさんには、すごく喜んで頂き、後日

「コーディネートしたセットを購入しました!」

とメールを頂き、より一層嬉しくなりました。

OTONA訪問楽しんで頂けてよかったです。





writing fukuhara

OTONA STAFF紹介

皆様、こんにちは。




だんだんと気温も下がり、すっかり秋の気候となりました。

急な冷え込みに皆さま体調を崩されてはいませんでしょうか。





初めまして。この度OTONAスタッフに新しく入りました、キャンベルと申します。

こんなあだ名ですが、生まれも育ちも日本の純日本人です(笑)よろしくお願いいたします。





本日はこの場をお借りしてちょこっとだけ自己紹介をさせていただこうかなと思います。





私はお洒落をすることが大好きで、特に個性的な恰好が好きです。

色々な恰好をすることで新たな自分を発見出来たり、変身したみたいに違う自分になれたり。

様々なジャンルのファッションを纏って、そこに自分の色を足すことがたまらなく楽しいです。

OTONAのスタッフも、みんなお洒落が大好きで、またブランドに対しての想いやこだわりも強く、

そんな服と真摯に向き合う姿に惹かれて、私もここの一員になりたいと思いました。

自分の将来の目的に向かって、ここでたくさん学んでスキルアップしていきたいと思います。







ちょっと見た目が奇抜なので怖いイメージをもたれることが多いのですが、昭和歌謡が大好きな普通の女の子です。

…チェッカーズは私の永遠のアイドルです。






これから素敵なお洋服やお洒落の楽しさを私もスタッフの一人としてどんどん皆さまにお届け&共有していきたいと思います。

インスタグラムでも時々登場するので覚えていただければ嬉しいです。





最後までお読みいただきありがとうございました!















OTONAスタッフ一同

「otona patry」 開催してみました!!

「どうしよう…服がない…」

急に涼しくなってきました。

クローゼットを見ると
秋服が全然ない…

慌てて買いに行くと、お店の店員さんに

「今秋服ですか、遅いですね(笑)」

と言われて恥ずかしくなったメルマガ担当のつっくんです!



otonaの服を好きでいて下さるあなたに
もっとその魅力を伝えたい。

そんな思いから始まった企画。

「otonaの服 De Party」


「otonaの服を着て旅行に行ってきました!」

「お出かけの為にotonaの服を買いました!」

そんなお声をよく聞きます。

「実際にotonaの服を着ているシチュエーションを動画や写真で伝えたらどう?」


私のそんな一言にotonaメンバーで同期のやっちゃんが

「それいい!パーティーしよう!」

パーティ…良い!

スタッフがotonaの服を着てパーティー!!

普段は見えないスタッフの様子。
otonaの服を着ているのでイメージもお客様にお伝えできる!!


こんな経緯で始まりました。


9/7。パーティー当日。




飾りつけやレイアウトも本気です!

集まったのはotonaスタッフと
この企画に賛同してくださった株式会社ワンピースのメンバー計20名ほど。

全員otonaの服をトータル又はワンポイントに入れて
来てくださいました。

乾杯の合図とともにパーティーがスタート。




美味しかったなぁ~!

沢山の写真でパーティーの様子を
お伝えしますね!


最初は、株式会社ワンピース副代表。
普段はTシャツにジーパンのスタイルが多め。




めちゃくちゃかっこいいじゃないですか!!!!

続いてotonaスタッフのムードメーカー3人組。




いい笑顔!!

3人の周りにいる人はみんな笑顔です!

そしてotonaスタッフのお姉さま方!




皆さんお美しい!!

次はotonaとcawaiiのメンズスタッフ!





一番左が僕です!(なぜかアピール)




皆さん個性的で明るい人たちばかり!!

ここからは写真をどんどん見せます!

注目してほしいところは
全員otonaの服を着用しているところ!

そして、みんなの笑顔です!!!





















集合写真を撮って終了!!








最後に動画をどうぞ!!!

こちらをクリックしてください!
スマホの方はタップ!!
↓↓↓↓↓↓


いつか、お客様と一緒にできたらいいなぁ…

書きながらそんなことを考えていました。



日々、お客様に良いものを届けたいと思っています。

こんなにも明るくて元気なメンバーのいる会社なら
もっと良いものが生まれると今日確信しました!

オシャレな人は元気で明るい!

私もこんな大人になりたい!

そう思いました。

ひらパーと呼ばれております!

いつもご覧頂きまして誠にありがとうございます。


まだまだ暑い今日この頃、お変わりございませんでしょうか。

夏休み残り一日、暑さはあとしばらく続きそうですが、

お体くれぐれもご自愛なさってくださいませ。


はじめまして。

OTONAスタッフに新加入致しました。

池永賢世と申します。

皆からはひらパーと呼ばれております。

ひらパーと呼ばれている理由を語り始めれば、

一冊の本になってしまうほど壮大なので省略させていただきます(笑)


そんな私はファッションと散歩がとても好きです。

また、景色を眺めることが好きで、散歩をしながら

‏「綺麗だな~」「良いな~」と感じると立ち止まって

ぼーーーーっと眺めることが大好きです。

もしかしたらロマンチストなのかもしれません(笑)


そして今回は好きなファッションとOTONAでの意気込みをお話させて頂きます。


まず、私はメンズの服よりもレディースの服が好きで

コレクションを見るのも基本的にはレディースです。


その理由としては、柄物や色物などのバリエーションの豊富さ、

シルエットやデティールの幅の広さや芸術性を感じるところです。

もちろんメンズも好きですし魅力的です!

こういった理由でレディースが好きなのですが、

その中でも40代、50代のファッションが好きですし、オシャレと感じます。

なぜかというと、あまり上手く言えないのですが

より女性の魅力を感じるのが40代、50代の方のファッションで

服だけではない「何か」の魅力に惹かれてしまいます。

着こなしやトレンドの入れ方など、ご自身の今までの色々な経験が活きていらっしゃると

思いますし、やはり人生の先輩として、性別は違えど考え方や仕事の仕方について

引き込まれてしまう所がたくさんあります。

同年代の先輩だけでなく、40代。50代、幅広い年代の異性の皆さんに囲まれて

仕事をしている今、自分の友人とは少し違う経験が出来て時に、ニヤリとしてしまいます。

そして、OTONAのコンセプトである「40代。50代。憧れられる女性へ」というのは

とても素晴らしいコンセプトであると思っています。

OTONAの商品をより多くの方へお届けしたいですし、

もっとOTONAを世に広めたいので

まだまだ未熟者ですが、精一杯頑張りますので

よろしくお願い致します。






















OTONAアイドル初出社

いつもご覧頂きまして誠にありがとうございます。


各地で長雨のニュースを耳にする中、

こちらOTONA地方は、雨も少なく酷暑の毎日が続いております。

長かった夏休みももうすぐ終盤、お疲れが出るころです。

くれぐれも油断なさいませんように充実した夏休みをお過ごしくださいませ。


こんにちは、

OTONAスタッフのピーちゃんです。

今回は、新社屋に愛犬リンちゃんと出社しました。







最初、広いオフィスでリンちゃんは緊張!!(汗)

でしたが、すぐに慣れた様子で走り回っていました。(笑)

人が大好きなのでいろんなスタッフに愛想を振りまきながら

可愛がっていただきました。


本日は、モデルさんと一緒に撮影に参加。

OTONAアイドルとして商品ページにも登場する予定?!

楽しみにお待ちくださいね。







その日のりんちゃんのファッションは、

夏をイメージして、ブルーのマリン柄でこだわりのコーディネートにキメテみました!







その日は、久しぶりにたくさん走り回り楽しかったようで

自宅では爆睡していました。



otona新入社員の界靖子と申します。「よろしくお願いします」




いつもメルマガをご覧頂きまして誠にありがとうございます。


先週に引き続き、OTONAチームに新たに入ったNew faceを

2人目ご紹介致します。(やっちゃん編)








はじめまして!

otona新入社員の界靖子と申します。

みんなからはやっちゃんと呼ばれています。

この場をお借りして、自己紹介をさせていただきます。


少しでも読んでいただけたら幸いです。

まずはわたしの好きなことについてお話しさせてください。

私は絵を描いたり、服やアクセサリーを作ったり

刺繍をしたり、夢中になって作品を作ることが好きです。



よく本屋さんや雑貨屋さん、ギャラリーを巡りをするんですけど

そこに行くと必ず面白いものや新しいものに出会えて

自分の創作意欲が湧いてくるんです。

あとは・・・食べることが大好きです!


会社でのお昼ごはんは、有難いことにお弁当が支給されます!

最近は、otonaのスタッフの皆さんが

「やっちゃん、これ食べる?」って

お弁当のおかずをおすそ分けしてくれるんです。

優しいスタッフの皆さんと美味しいお弁当・・・本当にしあわせです。


そんな私がotonaで働きたいと思ったのは・・・

まず「こだわりが強い」というところに惹かれました。

研修を通してやっぱりこの印象が強かったです。


それは、洋服にだけではなく、

洋服の撮影や編集などの商品画像制作の工程であったり、

とことん納得がいくまで商品やお客様に

向き合っているところです。



洋服好きにはたまらなく楽しい環境でありつつ、

創作好きな私にとっても最高に楽しめる職場だと思い

otonaを選びました。


作品をつくるように素敵な商品を

お客様にお届けしたいと思っております。

もう一つの理由は・・・

otonaの実店舗企画です。

実は、私、自分のお店を持つことが夢なんです。

この夢は中学生の頃から持っていて、

それが何のお店なのかは定かではないのですが

自分の創ったものでたくさんの人がつながって

楽しめる場所
を作りたいと思っています。

この夢を実現させる一歩として、

otonaでたくさん学び、成長し、

スタッフやお客様と寄り添って、いろんな人とつながって

楽しい世界のリアリティを発信していきたいです。


美味しいご飯を食べることも

おしゃれなお洋服を着ることも

いっしょに楽しんでくれる人がいるだけで

ひとりよりもっと楽しめることができると思うので

私は人とのつながりを大事にしていきたいし

それをより多くの人に広げていきたいです。

まだまだ至らない点ばかりで、できないことばかりですが

これから、もっともっと学び、スキルアップして

otonaのスタッフとして、そしてお客様に

楽しみや幸せをお届けすることができれば幸いです。


きっとみなさまから

たくさんのことを教えて頂くことになると思います。

こんな私ですがどうぞよろしくお願い致します!!!







去年、初めてOTONAに新入社員を迎えて早一年。

今年はどんな可愛い子達がOTONAに入って来てくれるか楽しみにしていました。


何よりも嬉しかったのが、ぜひOTONAで仕事をしたい

と本人達で希望を出してくれた九十九君と界さんでした。

九十九君は、つっ君!界さんはやっちゃん!

皆から呼ばれています。


見た目は、細くてちっちゃくて可愛いやっちゃん。

実はよく食べるし、絵を書くのがとっても上手なんです。


私にとっては、自分の娘より若い二人が本当に可愛くて

これからが楽しみで仕方がありません。

これから、たくさんの経験を積んで次世代のOTONAのエースとして

皆様も温かく見守って頂ければ本人達の励みになると思います。

宜しくお願い致します。



OTONAディレクター 大西

OTONAチームに新たに入ったNew face(つっくん編)

いつもご覧頂きまして誠にありがとうございます。

7月に入り、梅雨明けが待たれる昨今ですが、いかがお過ごしでしょうか?

今年は梅雨明けが遅れ、はっきりしない日が続いています。

体調管理には充分お気をつけ下さいませ。


今日は、OTONAチームに新たに入ったNew faceを

1人ご紹介致します。(つっくん編)








初めまして!

新入社員の九十九佑治です!

みんなからはつっくんと呼ばれています!


ファッションと音楽とお酒が好きな広島出身の田舎者です(笑)

お酒は好きなのですがすぐ酔ってしまいます。弱いんです(笑)

音楽が好きなので最近ギターを始めたのですが、

自分の指の動かなさに驚いている今日この頃です・・・


スポーツも好きで、中学1年生から高校3年生まで

テニス漬けの日々を送っていて

炎天下の中でプレーをしていたので肌が黒くなって戻らないんです。。。

白くなりたいなぁ・・


っと僕の紹介はこの辺までで

otonaに入った経緯と意気込みを少しお話したいと思います。


僕はモノトーンの服やシルエットが綺麗だったり

変わっている服が好きで、ほぼ毎日白黒で統一した服を着ています。

この日は真っ黒です(笑)

また柄物も好きで、アクセントでコーデに加えたりしています。

その姿もまたお見せできればいいなと思っております!


そんな僕がotonaの服を見たとき、

これ、僕でも着れる。むしろ着たい!そして、母にも着てほしいなぁ

そう思いました。


あ、僕はガリガリなので(悩みなんです)レディースも着れるんです(笑)

今、ユニセックスという言葉が聞かれるようになりました。

メンズやレディースに関係なく好きな服を着るというものです。

僕もスカートをはいてみたいなあと思っていました!

あっ、ちゃんと男です!恋愛対象は女性です!

おしゃれで履いてみたいってことです!!一応誤解のないように(笑)


またotonaの商品を着て登場するときがあるかもしれませんので

そのときはかっこよく着たいと思っています!!


そんな素敵で可愛くてかっこいいotonaの服を

もっとたくさんの人に着ていただきたい!

知っていただきたい!もっと良いものを届けたい!


そんな気持ちがこみ上げてくるのがわかりました。

気づけばotonaのメンバーの仲間入りをしていました。

始まったばかりのotonaでの生活。

その中で感じたことをお話させて頂きます。


母は50代で少し前から年齢や

周りの目を気にして服を選ぶようになりました。

年相応の服を着なければならない、周りの目があるからと、

本当は流行りの服や若々しい恰好をしたいのに我慢していました。

また、otonaのディレクターの大西さんは母と同じくらいの年齢ですが、

自分が素敵だと思った服をおしゃれに着こなしていらっしゃいました。


母にも年齢なんて気にせずに、自分が着たいと思う服を着てほしい、

いつまでも素敵でいてほしい!


OTONAのサイトをバイブルにしてもらいたいなんて思っています。

今は仕事を覚えつつ、もっとお客様に喜んで頂けるには

どうすればいいのかを考えている毎日です。



最後に。僕の夢についてお話させてください。

僕は小さいころ、引込み思案でした。

人見知りで話すのも下手。


そんな僕に勇気と自信をくれたものが服でした。

「おしゃれだね!」

その魔法の言葉をかけてもらって僕は変わりました。


「昔は引込み思案だったんよ!」と言っても

「絶対嘘でしょ!!」と言われるまでになりました。

僕を変えてくれた服との出会い。

そんな経験をほかの人にもして頂きたくて、

そう思うようになりました。

僕の夢は、そんな服との出会いのあるブランドを作ることです。

otonaをご利用いただいている皆様にも

そんな服との出会いをしていただきたいと心から思っています!!

otonaはもっと成長します。

これからのotonaとついでに僕の成長も見守って頂ければ幸いです。


よろしくお願い致します!!










去年、初めてOTONAに新入社員を迎えて早一年。

今年はどんな可愛い子達がOTONAに入って来てくれるか楽しみにしていました。


何よりも嬉しかったのが、ぜひOTONAで仕事をしたい

と本人達で希望を出してくれた九十九君と界さんでした。

九十九君は、つっ君!界さんはやっちゃん!

皆から呼ばれています。


つっくんは、今流行りのジェンダーレス男子です。

OTONAの服もユニセックス感覚で着こなしてくれそうな本当にお洒落さんです。


私にとっては、自分の娘より若い二人が本当に可愛くて

これからが楽しみで仕方がありません。

これから、たくさんの経験を積んで次世代のOTONAのエースとして

皆様も温かく見守って頂ければ本人達の励みになると思います。

宜しくお願い致します。



OTONAディレクター 大西






来週、二人目ご紹介致します。(やっちゃん編)

いい未来が描けそう!!

今日、当社ワンピースに加古川市会議員 井上つなおさんが来社され、

OTONAのスタッフルームにて今後の女性の働き方や

待機児童問題、地域の活性化やコミニュティなどについて

少しお話をすることが出来ました。

ワンピーススタッフメンバーの大半は主婦で子供がいる女性が

たくさんいる会社。

女性が自由に動け活躍できる地域づくりを

目指す、わが社の考えと共感し合い、

いい未来が描けそうで今からワクワクした気持ちになれました。