読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

otona日記

otonaディレクターが送る3日坊主日記です。ブランドを運営して感じること。主婦として生きる日常のこと。

ディレクターがおもうこと。【 我が子の成長に、いろいろ。 】

f:id:cawaii-mori:20161122152723j:plain

 

皆様、こんにちは。

いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

「OTONAディレクターのおもうこと」は

ディレクター大西の日々の何気ないこと、

私が大切にしている考えや、

私が得た新たな発見を

皆様にも知っていただきたいと思い、

書かせていただいております。

それはまるで実店舗で店員さんとお客様が

それだけの関係をこえて心から繋がっているような、

そんな温かさをお届けしたいと思っております。

 

 

今回はまだ子育て経験がないスタッフ西方と

子育てがひと段落したディレクター大西との会話の中で

思ったことをお届けします。

 

 

 

娘と私(大西)は仕事を相談するほどの仲。

 

f:id:cawaii-mori:20161222174023j:plain

 

前回に綴らせていただいた、都への休暇旅行。

目的はトレンドリサーチと、もう一つが

久々に娘に会いに行くためでした。

まず都に到着して、娘を待っていると、

連絡もなく、何時間たってもやってこない!!

やっと娘が来たのは、約束した時間から2時間が経ってのこと。

怒ろうかと思ったけど、仕事でトラブルがあったみたい。

なんだか仕事をバリバリと頑張っているんだなと。

 

そういえば、娘の立ち振る舞いも立派な大人になっているような…

私の知らないところで娘が成長している。

なんだか寂しい気持ちがこみあげます。

親離れしてしっかりと自立している娘と違って、

私はまだまだ子離れできていないことを痛感させられました。

まだまだ子どもだと思ってたのに!!(笑)

 

f:id:cawaii-mori:20161222173758j:plain

 

そんな娘とは最近は仕事の話ばかり。

もはや親子の会話ではなく、

仕事仲間と会話しているような気分になります。

娘から学ぶことがあるなんて思ってもなかった(笑)

すごく悔しいです!!

 

娘との関係が母と娘ではなく、

女と女の関係にいつの間にか変わっていた。

これが私のなかでの子育ての終了サインなのかもしれません。

なんだか、ここまで来るのにいろいろあったなぁ~。

 

 

成長してくれてよかった。

 

「本当に大きなったな。」

この言葉に尽きる思いが溢れます。

まだまだ私のそばにいてほしい。なんて思っていたけど、

しっかりと生活を送っているのをみると何も言えない。

 

思い返してみると、

根っからの教育ママだった私のわりには、

娘にイライラとしてしまったり、

晩御飯をスーパーのお惣菜だけで済ませてしまったり、

私の考えを押し付けるような子育てをしてしまったり、

すごく不安が募る日々だったように思います。

「子育てができるのは今だけ」と言われても、

仕事を優先してしまった日々もあります。

正直、私の子育てが正解だったのか、今でもコワい気持ちになります。

 

しかし、目の前にいる成長した娘を見ると、

不安だらけの私のもとでも、娘なりにしっかりと生きてくれて、

ありがとう。と救われたような気持ちなりました。

 

 

 

私は娘と話す中でこのような気づきがありましたが、

オトナ世代になっても、まだまだ学ぶところ、

知らなかった新たな世界。は

たくさんあるもんだなと思います。

 

あの時の自分に言いたいです。

「子育てができるのは今だけなんやで」と。

 

f:id:cawaii-mori:20161222173816j:plain

 

 

ディレクター 大西

ライティング 西方